ぱいん★こぱいん★すっぱいん

日々の生活で起きたことや感じたことを綴ったり、絵本の紹介などをしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続報 その12

これまでのお話をご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
「ある事の正体 その1」          「続報 その1」
「ある事の正体 その2」          「続報 その2」
「ある事の正体 その3」          「続報 その3」
「ある事の正体 その4」          「続報 その4」
「ある事の正体 その5」          「続報 その5」
「ある事の正体 その6」          「続報 その6」
「ある事の正体 その7」          「続報 その7」
「ある事の正体 その8」          「続報 その8」
「ある事の正体 その9」          「続報 その9」
「ある事の正体 その10」         「続報 その10」
「ある事の正体 その11」         「続報 その11」
「ある事の正体 その12」
「ある事の正体 その13」
「ある事の正体 その14」

*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*

勝手に次の日が試験日だと思い込み、試験を受ける事が出来なかったAさんですが、その日の夜にSさんにこんなメールを送っていました。

こんばんは。今日はSさんとHさんは同じ仕事だったんだね。さっき会社に行った時Hさんに会ってきました。本当は明日が試験本番なのですが何かの手違いで今日が試験本番になっていました。まさか試験が今日だとは思わなかったです。結局僕は試験を受ける事が出来ずにただ数万の金を投げてしまいました。ついさっきまで海見ながら落ち込んでいました。また支店長とお姫様の二人を失望させて裏切ったからもう言葉に出ませんし二人の失望した顔を見ると自分が馬鹿らしく思います。僕は物事引きずるタイプなのでこれから気分転換にお散歩して今日と明日は夜遅くまでゲームをして少し忘れようと思います。だけど今までスランプだったから逆に立て直す機会があっただけでも良しとしないといけないし学科試験の勉強内容は完璧に覚えているので明日か明後日に支店長に次の試験を受験する事だけは伝えておきます。by A

・・・・・。
また、ちょいちょい意味不明です。
“何かの手違い”って・・・
そんなワケあるかいッッ!!
ちゃんと書類を読まずに勝手に試験日を間違えていたのに、自分のせいだとは全く思っていないんですね。
それに、“支店長とお姫様の二人を失望させて裏切った”って・・・
しつこいようですが、そもそもAさんに対して期待をしている訳でも信頼をしている訳でもないので、失望もしないし裏切られたとも思いません。
それなのに、どこをどう考えたら自分が期待されているとか信頼されていると思えるのか・・・
全く理解出来ません(=_=)
そして、次の日、再びAさんからSさんにメールが送られてきました。

お仕事ご苦労様です。今日もHさんと同じ仕事だったんだね。僕は今日は一日放心状態な生活を送りました。それでくよくよしてもしょうがないので結局今日からまた試験勉強を始めました。それは自分に対しての悔しさ屈辱を次の試験にぶつける事にしたからです。無理するけど夢を叶える為に残り時間があまりありません。自分の運命を他人のレールの上に乗って歩んでいる自分ですがこのまま進んでもいいけど自分の手で運命を変えて切り開く事を僕は選択しましたすぐに変わるかどうかは疑問ですが楽しみです。でもみんなでハッピーエンドのシナリオを目標にしているから無茶はしてません大丈夫だよ。だからもう少し応援して待っててください。by A

Sさんは一度もAさんの語る夢に対して「応援する」と言った事はないそうです。
だけど、Aさんは応援されていると思っている・・・
またいつもの様に自分が夢を語った人 = 自分を応援している人だと思い込んでいるのでしょう。
そして、このメールに書かれていた“自分の運命を他人のレールの上に乗って歩んでいる自分ですがこのまま進んでもいいけど自分の手で運命を変えて切り開く事を僕は選択しました”という文章が、これから起こる事件を指し示していたなんて思いもしませんでした。

そして・・・
6月1日。
前日の請求書作成に続き、従業員達の勤怠チェックや月次決算・・・
パインは朝から忙しく働いていました。
10時を過ぎた頃だったと思います。
玄関のセンサーが反応し、誰かが来た事を知らせるチャイムが鳴りました。
『今日はキャベツちゃんも居ないし、特に来客の予定はないはずだけど・・・誰だろう・・・?』
そう思って玄関のほうを何となく注目していました。
すると、そこに現れたのは、お客様ではなく、Aさんだったのです。
『えッッ!?なんで??』
パインは激しく動揺していました。
Aさんは会社の中へ入ってくると同時にパインに近付いてきました。
『怖い!怖い!こっちに来ないで!』
Aさんに対する恐怖心が一気に押し寄せてくるのを感じました。
Aさんは、パインのすぐ側まで来ると、ニヤニヤしながら(本人は微笑んでいるつもりかもしれないけれど・・・)パインに話しかけてきました。
「あれ?支店長は?」
「・・・請求書届け・・・」
「ふぅん、そうなんだぁ~」
毎月1日は、パインが夜な夜な作成した請求書をキャベツちゃんが取引先の会社に届けに行くので、会社にはパインしかいません。
それは、この会社に在籍している社員なら誰もが知っている事です。
それなのに・・・
パインは、怖くて怖くて仕方がありませんでした。
「あのさ~、パインちゃんに話があるんだよね~」
『パインには話す事なんてないよ!!怖いよ~((>_<))』
そう思っているのですが、怖くて言えません。
「あのね、この間、試験受けに行けなくてごめんね」
「・・・・・別に・・・・・」
「それと、この前、Hさんが「僕が独立したらパインちゃんを事務員に・・・」とか言ってたしょ?独立するのはまだ先の話なのに、デリカシーのない事言ってごめんね~」
「・・・・・別に・・・・・」
「あと支店長に、次の試験受けます、って伝えておいてくれる?」
「・・・・・はい・・・・・」
「じゃ、今日はもう帰るね♪仕事、頑張ってね~」
その時のパインは、きっと誰が見てもあからさまに嫌そうな態度だったと思います。
でも、Aさんはそんな事はお構いなしに自分の言いたい事を言って、満足気に帰っていきました。
「迷惑です」というメールを送ってからの2ヶ月、AさんはSさんやOさんにパインがらみのメールを送ったりしていましたが、パインに何かをしてくる事はありませんでした。
それなのに、どうして・・・??
全く予想もしていなかった突然のAさんの行動が理解出来ず、それがパインの恐怖心をさらに煽りました。
『怖い!!』
その直後、激しい胃の痛みがパインを襲いました。
『怖い!怖い!怖い!』
だんだん息が荒くなり、過呼吸のような状態になりました。
このままでは本当に過呼吸の発作を起こしてしまうと思ったパインは、とっさに近くにあったビニール袋を口にあてました。
この時、パインは、自分が思っている以上にAさんの事が怖い、そして完全に受け入れられなくなっているのだと感じました。

でもこれは、これから始まる恐怖の序章に過ぎませんでした。

(つづく)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

少しずつAさんがパインさんに近づいてきているような気がします。

パインさんがAさんから離れようとすればするほど、Aさんは何処までも近づいてくるような!

これは正に恐怖です。

パンダさんへ

ご訪問&コメントありがとうございます。
少しずつ・・・
パインもAさんが立て続けに会社に来た時点で、それは感じていました。
ところが、この後、一気に・・・

((>_<)) 恐ろしい~ッッ!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

パイン

Author:パイン
☆生息地 : 北海道
☆趣  味 : 妄想
☆特  技 : 妄想の暴走
よろしくお願いしまーす♪
(*^艸^*) エヘヘッ

☆ご訪問有難うございます

(≧▽≦)/ ようこそ~♪

☆FC2ブログランキング

(*^▽^)b 参加しています♪

FC2Blog Ranking

☆心をこめて書きました

p( ・_・ )q 頑張りました♪

☆コメント有難うございます

(*^-^*) 励みになります♪

☆大好きなアンパンマン♪

フリーエリア

 

☆今月の更新日は・・・?

カテゴリ

☆未分類 (5)
☆ぱいん (*^▽^*) な話 (20)
☆こぱいん (*Д*) な話 (19)
☆すっぱいん (>ε<) な話 (21)
☆おススメ d(*^-^*) な話 (5)
☆パイン組 (。・д・。) の話 (8)
☆闘え!パイン\(>△<) (34)
☆パインの日々 (35)
☆タカラモノ (4)
☆絵本100選!? (18)
☆つくっちゃった♪ (15)
あみぐるみ (7)
料理 (2)
家庭菜園 (4)
その他いろいろ (2)
☆“私”について (1)
今と向き合う (1)

月別アーカイブ

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。